2014年01月05日

Legacy Language Designator - The directories located at の警告が出たので対応しました。

Legacy Language Designator - The directories located at という警告が、Validateの時に出て、
Submitの時に、
スクリーンショット 2014-01-04 22.07.10.png
と表示されてしまいました。
ネットでググると、古いプロジェクトのリソースが、Englishとなっているからとありました。
しかし、こういうリソース系は、Xcodeで作業するのは難しいですよね。

私がとった対応としては、

  • Xcodeの左ペインのファイルツリーから、Localizable.stringsを選択。
  • 右ペインのLocalizationを見て、英語のチェックを外し、ファイルを削除。その時にファイルは残して参照のみ削除する。私は英語以外があったので、何かあった方が良いのかも。
  • もう一度チェックを付けて、英語を追加。
  • ファインダから、English.lproj/Localizable.stringsをen.lproj/Localizable.stringsに上書きする。
  • その他言語も同様。
  • 一度サブミット。
  • ターミナルで、English.lprojに移動して、「git rm Localizable.strings」でファイルを削除する。
  • その他言語も同様。
  • もう一度サブミット。
これで、enになりました。

次回提出した時に大丈夫か確認しようと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/384361712
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。