2013年12月14日

MPEG StreamclipをRetina モデルで使用した際の画面ズレの回避方法

MPEG_Streamclip_1.9.2_retina.png
Retinaモデルで使用すると、このようにスライダーがズレて表示されたり、正しく表示が更新されなかったりしますが、次の設定で回避可能でした。
ググっても、日本語で書かれた記事があまりなかったので、忘備録としてアップします。

アプリケーションフォルダから、MPEG Streamclipのアイコンを右クリックし、「情報を見る」を選択します。
出てきた、MPEG Streamclipの情報画面から、▼一般情報を参照し、低解像度で開くにチェックをします。

これで、次回起動時には、Retina解像度ではなく、非Retina互換で表示されますので、上記ズレが発生しなくなります。
posted by Yama at 06:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mac
この記事へのコメント
macbookpro15inch retina,Yosemite にて
解決しました!ありがとうございました!
Posted by at 2015年11月23日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。