2013年09月15日

一定時間アクセスが無い場合はハードディスクを停止する

さて、そこそこ動作し始めた、我が家のRaspBMCですが、やはり、ハードディスクの劣化と、電気代が気になるので、一定時間アクセスが無い場合は、ハードディスクを停止するように設定する事にしました。

しかし、hdparmでは停止できなかったので、sdparmを導入しました。

sudo apt-get install sdparm
sudo sdparm --command=sync /dev/sda2
sudo sdparm --command=stop /dev/sda2

これを、スクリプトにして、起動時に実行します。
参考:
http://blog.goo.ne.jp/dephands/e/a463b07a1de6590c85148c58864f23cd
http://www.nslu2-linux.org/wiki/FAQ/SpinDownUSBHarddisks#method3
http://digitune.org/?date=20071230

起動時に実行する方法は、ひとまず/etc/rc.localに書く事にしました。
参考:
http://ginzanomama.hatenablog.com/entry/2013/03/12/134929
posted by Yama at 12:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | raspberry pi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。