2013年09月13日

RaspbianのUSBハードディスクのマウント名をUUIDからラベルに変更

Raspbianでは、起動時にUSBに接続されたハードディクが自動で/media配下にマウントされるのですが、名前がUUIDになってしまいます。。。

dfコマンドで見ると、

pi@raspbmc:~$ sudo df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/sda2       917G  520G  351G  60% /media/9885b4b4-36f4-43e7-9e65-eb16c0e2b094

みたいな感じでマウントされています。

ちなみに、fstabに追加して、

sudo vi /etc/fstab
/dev/sda2	/media/usbhdd	ext4	defaults	0	0
とすると、普通のRaspbianは問題なく/media/usbhddにマウントされたのですが、RaspBMCだと、正しくマウントされませんでした。
手動だとマウント出来るので、ブート時に走る何かと競合しているのかなと推測したんですが、良く判らず、fstabで設定するのは諦めました。

そこで、ハードディスクにラベルを設定してみました。

sudo e2label /dev/sda2 usbhdd
sudo shutdown -r now

すると、マウント名がUUIDからラベルに変わりました! これで/media/usbhddでアクセス出来ます。

おそらく、ラベルが無い場合はUUIDで自動マウントされるんでしょうね。
posted by Yama at 02:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | raspberry pi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。