2013年09月09日

Raspbian で作る XBMC and SMB 覚書

NOOBS_v1_2_1.zip がオススメみたいだが、キーボード、マウス無しだと初回のOS選択が出来ないっぽいのでパス。
<SDの準備> 次をダウンロード。
2013-07-26-wheezy-raspbian.zip
RPi-sd card builder v1.2.zip
RPi-sd card builderを起動して、解凍したraspbianのimgファイルを指定する。
SDカードを接続して、Continueを選択。
OSXの管理者パスワードを入力。
SDカードのマウントが解除され、書き込みが開始される。
画面は出ないが、上のメニューに歯車アイコンがグルグル回っていることで動作を確認出来る。
<起動> 参考:http://ifdl.ec.t.kanazawa-u.ac.jp/diary/index.php?sasada%2FRaspberryPi
起動したら、ssh接続。IPアドレスは、ルーターのログから確認。
ssh pi@192.168.xx.xx
初期パスワードはraspberry
<初期設定の実行>
sudo raspi-config
raspi-configからビデオメモリの割当を128
その他設定する。
完了して再起動
<日本語フォントインストール>
sudo apt-get install ttf-takao-mincho
sudo apt-get install ttf-takao
sudo apt-get install ttf-kochi-gothic xfonts-intl-japanese xfonts-intl-japanese-big xfonts-kaname otf-ipa*
sudo apt-get install ttf-kochi-mincho
sudo apt-get install ttf-vlgothic
<ロケールの変更>
sudo dpkg-reconfigure locales
ja_JP.EUC-JP EUC-JP と ja_JP.UTF-8 UTF-8 を追加(スペースで*)
デフォルトロケールをja_JP.UTF-8 UTF-8に変更
<日本語入力システムのインストール>
sudo apt-get install ibus-anthy
<普通のvncのインストール>
参考:http://assimane.blog.so-net.ne.jp/2013-03-27
sudo apt-get install tightvncserver
vncserver :1 -geometry 1024x768 -depth 24
初回のみパスワードを設定する.
起動
/usr/bin/vncserver :1
終了
vncserver -kill :1
<HDMI出力されている画面にVNC>
x11vnc
参考:http://marupeke296.com/IKDADV_PI_VNC.html
Xの画面を操作する
sudo apt-get install x11vnc
パスワードの設定
x11vnc -storepasswd
x11vnc -usepw
<自動ログインの設定>
sudo vi /etc/inittab
元の行をコメントにして書き換える
#1:2345:respawn:/sbin/getty 115200 tty1
1:2345:respawn:/bin/login -f pi tty1 </dev/tty1 >/dev/tty1 2>&1
<自動X起動>
sudo vi /etc/profile
最後のラインに
startx
を追加
※これは、ssh接続した時に問題がある。
※なので、raspi-config を再度実行して、GUI起動に設定する。
<動画再生>
sudo apt-get install omxplayer
再生はhdmiを指定して行う。
omxplayer -p -o hdmi xxxx.mp4
<XBMCをインストール>
rootになる。
sudo su -
ビルド済みのパッケージの登録する。
echo "deb http://archive.mene.za.net/raspbian wheezy contrib" > /etc/apt/sources.list.d/mene.list
鍵の登録。
apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key 5243CDED
パッケージリストのアップデート。
apt-get update
XBMCのインストール。
apt-get install xvmc
rootを抜ける。
exit
起動。
clear;/usr/lib/xbmc/xbmc.bin
または、
xbmc-standalone
boot時にXBMCが自動起動するように設定。
sudo vi /etc/default/xbmc
で、
ENABLED=0をENABLED=1に変更
※起動しなかった。。。
日本語化する。
http://assimane.blog.so-net.ne.jp/2013-04-04
Appearance - Skin - Fonts を Arial based International を Japanese
<USBハードディスクを追加>
df -h
ファイルシス   サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
rootfs            15G  1.8G   12G   14% /
/dev/root         15G  1.8G   12G   14% /
devtmpfs         180M     0  180M    0% /dev
tmpfs             38M  264K   38M    1% /run
tmpfs            5.0M     0  5.0M    0% /run/lock
tmpfs             75M     0   75M    0% /run/shm
/dev/mmcblk0p1    56M   19M   38M   34% /boot
/dev/sda2        932G  2.3G  929G    1% /media/Backup Data
ext4でフォーマット。
sudo umount /dev/sda2
sudo mkfs.ext4 /dev/sda2
マウントポイントを作成してマウント。
sudo mkdir usbhdd
mount /dev/sda2 /media/usbhdd/
起動時に自動マウント。
sudo vi /etc/fstab
次の行を追加。
/dev/sda2 /media/usbhdd ext4 defaults 0 0
再起動して、マウントされるか確認する。
sudo shutdown -r now
<ハードディスクの自動停止>
sudo apt-get install hdparm
sudo vi /etc/hdparm.conf
#末尾に追加
/dev/sda1{ 
    spindown_time = 241 
}
sudo vi /etc/init.d/hdparm
#先頭のヘッダ部分にあるDefault-Startを変更する
# Default-Start:     S 1 2 6
sudo insserv hdparm
<SMBをインストール>
sudo apt-get install samba
Userの追加。
sudo useradd SmbUser
※ホームディレクトリを作っておく。
sambaの設定ファイルを書き換え。
sudo vi /etc/samba/smb.conf
--------------------------------------
[nas]
comment = pi nas directory
path = /home/SmbUser
public = No
read only = No
writable = Yes
hosts allow = #ローカルネットワークを許可するよう設定
guest ok = No
security = server
valid users = SmbUser
create mode = 0666
directory mode = 0777
[nas_hdd] comment = pi nas usb hdd directory path = /media/usbhdd public = No read only = No writable = Yes hosts allow = #ローカルネットワークを許可するよう設定 guest ok = No security = server valid users = SmbUser create mode = 0666 directory mode = 0777 --------------------------------------
sudo pdbedit -a SmbUser
Sambaを再起動。
sudo service samba restart
posted by Yama at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | raspberry pi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。