2014年08月28日

XBMCをNFS経由でOSXの共有

結局AFPやSMBを諦めて、NFSでアクセスする事にしました。

手順は、次のページの通り。
http://www.johnlarge.co.uk/2012/06/26/osx-lion-smb-samba-xbmc-fix/

1)NFS Managerのインストール。
2)起動して、共有フォルダを指定。
  /System/Library/LaunchDaemons/com.apple.nfsd.plistを開き、-Nオプションを設定する。
   <array>
   <string>/sbin/nfsd</string>
   <string>-N</string> ←この行を追加
   </array>
3)再起動。
  sudo nfsd restart

こんな感じです。

その他、
SMB2をSMB1にする方法
http://cammodude.blogspot.jp/2013/10/os-x-109-mavericks-workaround-for-smb.html

CIFSでアクセスする方法
"cifs://YourServerName/YourDriveName."

等々あるようですが、
うまくいかなかったです。。。
posted by Yama at 01:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | raspberry pi

Openelec vs Raspbmc vs Xbian

Rasperry pi には3つのBMCがありますが、試してみた感想を書きます。

Openelec
<良い点>
 XBMCのバージョンが新しい
 動作が軽い
<悪い点>
 AFPがサポートされていない
 MACのインストーラーがない

Raspbmc
<良い点>
 XBMCのバージョンが新しい
 MACのインストーラーがある
 色々設定が出来る
<悪い点>
 AFPが安定しない
 UPnPが切れる
 時々不安定

Xbian
<良い点>
 安定している気がする
 MACのインストーラーがある。簡単。
<悪い点>
 遅い
 XBMCが古い

とりあえず、MACをサーバーにして運用するには、プロトコル選択が鬼門ですね。。。
AFPは安定しないし、XBMCはAFPを諦めてるっぽい。
marvericksのSMB2ではSMB接続が出来ない。

といいつつも、ネットワークメディアプレーヤーの使いやすいのも売っていないですし、Apple TVも、iTuneありきなので、使い勝手が悪いです。

ひとまず、Openelec を NFS 経由でアクセスする体制で、様子見です。
posted by Yama at 00:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | raspberry pi
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。