2013年12月21日

よく判らないけど使えた iWork。

先日のブログで、Up-to-Date Programに拒否されたと書いたのですが、

本日、何気なくApp Storeを見ると。。。

なんと、

iWork 各ソフトの値段が「無料」と表示されとるではないですか!

当然、すぐにダウンロードしましたが、この前見た時は 3000円くらいの値段が付いていたんですよね。
もう一台持っている Macbook Pro (Mid 2009)でも確認しましたが、購入済み項目として表示されていました。まあ、apple IDが同一なんで当然ですが。

使えたから、気にしない事にします。。。
posted by Yama at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac
2013年12月15日

ちょっと悲しい、今回のMacbookPro購入

今まで、Macbook Early 2008 + Macbook Pro 13inch Mid 2009 の2台体制だったのですが、今回、Mac環境を更新する事にしました。

更新後は、Macbook Pro 13inch Mid 2009 + Macbook Pro 15inch Late 2013。
性能的には大満足だったのですが、ちょっと悲しい事件が、、、

Pages、Numbers、KeynoteのUp-To-Dateプログラムが受けられませんでした。。。

原因は、ちょっとケチって、価格.Comの安値ショップで購入した事。。。

まさか、普通に売っているのに、Apple製品正規取扱店では無いなんて。
なので、2013年10月以降の購入なのに対象外に。
まあ、今から3本のソフトを個別で購入しても、Apple Storeで本体を買うより安くなる計算なので、購入すればいいだけなんですが、せっかく購入した新Macなのに、ちょっと気分が悪いですね。。

こんな事なら、2万、3万をケチらないで、Apple Storeとかで購入すれば、良かった。
posted by Yama at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Mac
2013年12月14日

MPEG StreamclipをRetina モデルで使用した際の画面ズレの回避方法

MPEG_Streamclip_1.9.2_retina.png
Retinaモデルで使用すると、このようにスライダーがズレて表示されたり、正しく表示が更新されなかったりしますが、次の設定で回避可能でした。
ググっても、日本語で書かれた記事があまりなかったので、忘備録としてアップします。

アプリケーションフォルダから、MPEG Streamclipのアイコンを右クリックし、「情報を見る」を選択します。
出てきた、MPEG Streamclipの情報画面から、▼一般情報を参照し、低解像度で開くにチェックをします。

これで、次回起動時には、Retina解像度ではなく、非Retina互換で表示されますので、上記ズレが発生しなくなります。
posted by Yama at 06:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | Mac
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。